衝撃告白!離婚して子供と離れ離れになってから12年目、その胸の内を語る

こんにちは、いとすぎ(@string1245)です。

 

こどもがいるのに、離婚しようか悩んでいますか?

くるしいですね。

 

世間様の声が聞こえますか?

うしろゆび、さされる様子が目にうかんでますか?

こわいですよね。

 

実際の体験談を読んで、

自分の身の振り方決めようかと思っていますか?

 

でも、これを読んでいるということは、

もうだいたい気持ちは決まってるとおもうんですけど、ね。

 

でも、参考にしていただけるのはありがたいです。

 

では10年こどもに会えていない母親が、

いまだから答えられる3つの質問にこたえます。

ではどうぞ!

 

どうして離婚したの?

これは、もう、ほんとうによく聞かれます。

浅いかんじの付きあいの相手には、こんなかんじに答えます。

いとすぎ
「まあ、いろいろあって・・・」

 

もうちょっと知ってほしい相手には、

いとすぎ
「若気の至りでした」

と、話します。

 

わたしの母はいつも「あなたのために結婚を維持している」と言っていました。

その言葉は、わたしの結婚観を築きました。

わたしのために無理して一緒にいるくらいなら、

離婚してくれていいのに、とずっと思っていました。

 

そして、わたしは当時の夫に

いとすぎ
「無理して一緒にいるくらいなら、離婚したい」

と日々伝えるようになりました。

 

一緒にいる理由が、「こどものため」だけになってしまったら、

離婚するということです。

 

そして、その日が訪れてしまいました。

お互いのいろんなことがかみあわなくなり、

こどものためだけに一緒にいてる、

そう思うようになってしまったんです。

 

大人の事情で子供をふりまわすなんて最低、とか

子供のために結婚は維持すべき、とか

わかります、その言葉。

 

そんな正しいことを、わたしに向かって言う人はたくさんいましたが、

できませんでした。

なれませんでした。

 

この罪悪感は、いまでも苦しみの元となっています。

こどものために死んだ気で一緒にいるべきだったんじゃなかろうか、と。

死がふたりを分かつまで、という誓いを破った自分を受け入れることは、

とても時間がかかりました。

 

でも、そうなってしまったものは、しかたありません。

うけいれて生きていくしかありません。

生きるため、でした。

 

どうして子供をひきとらなかったの?

んー。

経済力と環境を考えて、夫に託しました。

 

シングルマザーになって育てるとしたら、

ワンオペ育児か実家に戻ることになります。

〇ワンオペ育児・・・働きながらひとりで育てる自信はありませんでした。

〇実家に戻る・・・両親に頼って育てる、という選択肢はハナからありませんでした。

自分のような人間になってほしくなかったからです。

わたしが育てれば、わたしの影響をたくさん受けます。

わたしの両親にたよれば、わたしが育った環境を用意することになります。

絶対イヤ。

 

〇夫に託す・・・夫はすぐにでも再婚する気でいました。

くわえて、離婚するまで姑にずいぶん育児を助けてもらっていたので、

夫が実家にもどって育児をすれば、

離婚してもこどもの環境が大きくは変わりません。

きっと、ただでさえ悲しくてしんどい想いをさせるのですから、

日常はあまり変えずにしよう、というのが協議離婚の結果でした。

こどもに会えないってどうゆうかんじ?

いとすぎ
「かぞえきれないほど死にたくなります」

父母への申し訳なさが、はんぱありません。

彼らにとっては孫に会えなくなるのです。

わたしが悲しいのとか、わたしがさみしいのとかは、

自業自得ですから、しかたありません。

でも、父母や祖父母には申し訳ないことをしたと思っています。

これは10年以上たったいまでも、そう思います。

 

それから、発作的に自責の念に激しくかられます。

そんなときは電話占いとかしちゃだめです。

 

 

そして、こどもを相手に託した以上、相手を信じるしかありません。

離婚してすぐに新しいおかあさんができ、

新しいおかあさんが「産みの母親に会ってほしくない」と言ったことから、

わたしはあえなくなりました。

そのあたり、きちんと法的にたたかうこともできたと思うのですが、

元夫に「娘の生活を安定させることを優先してほしい」と言われ、

それもそうだな、と納得し10年がたちました。

決して楽な10年ではありませんでした。

離婚してこどもとも別れることになれば、

死ぬほどの辛さが待っていると断言できます。

それでもその道を選ぶことにしたのなら、

とにかくうしろをふりかえらず、

偽ることのない自分の人生を歩いてください。

そして、辛くてしかたのないときには、

コメントでも、TwitterのDMでも送ってください。

かならずお返事しますから。

まとめ

子供がいるのに、離婚したらかなり辛いっすよ

電話占いに依存して借金するほど辛い!そんなときは〇〇をして楽になろう!

2018.10.02

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です